imotare-kaisyou-3

32歳、主夫兼在宅ワーカーの胃の悩み。表題の胃もたれに関してですが、私は比較的胃腸が弱いです。

というのも、どうも遺伝的に母親に似た遺伝のよう(母も胃腸が弱い)で、特に食べる時、消化のいいものを率先して、というほどではないものの、俗に言う脂分の多いものを食べると、即、胃もたれと直結し、翌日すごく気分の悪い目覚めを体験することになります。

人生は初の串カツで胃もたれになった!美味しく、お腹はすいているのに、満腹感・・

さて、そんな私が二度と経験したくない胃もたれ、それが『串カツを食べる事』です。あれは、私がまだ20代前半で、私と姉妹の4人+姉の旦那さんと少し遠出したとき、お昼を少し回ったタイミングで、どこも人でごった返していました。

どこで食べようか悩んでいると、比較的空いているお店を発見。結構CMなどでもよく目にする串カツチェーン店でした。

私はその時からあまり乗り気では無かったものの、まだ串カツ店で食べた事もないし、少しくらいなら胃もたれも大丈夫だと思い、他4人の意見に合わせることにしたのです。で、一通り注文。とりあえず野菜の揚げ物から食べようと思った私は玉ねぎの串を食べます。

その時点でおそらく、体から黄信号が出てたんでしょう。『おかしい、お腹はすいているのに、一本食べたら満足信号が!』・・ですがその時は場の雰囲気もあるし、気のせいだと思いつつ、私の好きなお肉の串カツも何本か食べて、お店を後にしました。

胃もたれで、寝る事もできないまま!胃の中で小さなおっさんが暴れています

その夜です。串カツを食べたのが原因で夕食が喉を通らない。全然食欲がわかないんです。胃に違和感があり、完全に胃もたれを起こしていたんです。

特に胃をいたわらず、寝た私は夜中あまりの気分の悪さにトイレに駆け込み、まったくすっきりしない胃に苦しみつつ、寝る事もできないまま朝を迎えます。

その日は最悪でした。朝からずっと胃の中を小さなおっさんが暴れまわってるような不快感です。当時は薬はあまり飲まずに過ごしてたので、合間に水を飲んだりしますが、やはり一定時間経つとトイレに篭る。

それを繰り返していました。もう食事は全然喉を通らないし、胃はずっと重たいし、串カツはおいしかったのですが、胃もたれで最悪です。

母よ!串カツを食べると胃もたれをする体質だともっと早く言っておいてくれ

ようやくその地獄から開放され始めたころ、やっと口も聞けるようになったところで、母に何とかならないか助けを求めると、最初に書いたように遺伝的に私は胃腸が弱いんだから気をつけるようにと言われ、その後、薬を飲むことを勧められました。

母よ、もっと早くそれを知らせてくれ!と、天然の母に突っ込みを入れる元気も無く、ひとます、渡された胃薬を飲ましてもらい、しばらく横になると、やっと胃の不快感が取れ始め、服薬から3時間ほどで普通の状態にまで回復しました。

母から「串カツ店とか、よくアンタチャレンジしたね。お母さん一本でもダメだわ」と話され、間違いなく自分もその遺伝を引き継いでるな~と思ったのを思い出します。

また、当時の母親から、胃腸薬は常に常備しておく事も勧められ、今でもそれは守って過ごしています。

胃腸薬は消化を助けるものから、胃粘膜を保護するものまで常備しています

とかく、母から私が遺伝的に胃腸が弱いと聞かされてからは、社会人の付き合いで夜に飲んだり、少し油っぽいものを食べたりして、胃もたれになりそうな時は、かかさず胃薬を飲むようにしています。

最近は色々な薬も出てるので様々な種類を試してます。例えば、消化を助けるものから、胃粘膜を保護するものまで。色々試してみた結果、私の場合は胃もたれのタイプが、その時々によって違うので、色々な種類を常備する事にしました。

さらに最近ありがたいのは、顆粒タイプではなく、粒状のものが出ていること。胃腸薬って苦いものが多いので、これは非常にありがたく思います。

でも、本当他の皆さんがうらやましいです。串カツや油物をたらふくたべてもケロッとしてる方がほとんど。私は特に食物アレルギーとかはありませんが、やっぱり油物を食べるのには向いてないと30歳をこえた今でも実感しています。